2018年5月

5月11日

クロ 3匹 キビレ 1匹

仕掛けの長さ

風の無い予報。
日の出が4時48分という事で5時10分に船を出した。

早朝の誰もいない釣り場で、のんびりと船を進める。
船左手にエレキが有る為沖側を攻める時は西に向かう事になる。
竿の長さ分だけ杭から離れて、微速で進む。
2〜3日前の雨で濁りもまあまあ。
少し寒いが船もコントロールで来ていて楽しめる早朝の釣りだ。

餌は蟹で底まで着く深さである。底少し手前で竿に違和感を感じるような当り方が出る。掛ると杭から離して障害物のない水面へ出し鯛の引きと取り込みまでの緊張感を味わう。
ほぼ同じような感じで6時までに4匹が釣れた。

今日は、9時まで風が無い予報なのでフジツボの餌で止まりのアタリを楽しもうと東深場へ行く。しかしそこからはまったくのアタリ無し。
途中で出会った釣り仲間も同様との事。
以後9時過ぎまでアタリ無しが続きあきらめの終了となった。

最近は延べ竿を使っている。1本は宮城さんが作った竿だ。
穂先から鈎まで3.5mと教えてもらっていた。
少し時間が出来て下の写真のような仕掛け作りの長さ決めアイテムを作った。
2cm角の60cmの角材に25cmピッチで3本の釘を立てたものである。
1周させると1mとなる。これできっちりと3.5mの仕掛けを作る。
今回気付いたのだが、自分の手の長さで作っていた仕掛けの長さはどうやら3.3m以下だったようだ。

きっちりと3.5mに仕上げた仕掛けで釣って見ると、振込み、取り込みとも今までに無く使いやすい。
今使っている5.5m〜6m程度の延べ竿ではベストな状態だと思えた。
掛けた後のやり取りにもタメが出るような感じだ。
おそらく長い経験値から出た数値だったのだろう。

意味を持った長さだった事を改めて感じました。



5月21日

クロ4匹 キビレ2匹

超硬調チヌ竿の改造延べ竿

前日の風予報では、6時1m 9時1m のめったに無い無風に近い予報だ。
エレキを使って自分の思うポイントに振込みが出来る状況だろう。

最近一つのテーマを持っている。
『増えてしまった猪鼻タイ竿の見直しとチューニング』

そして、いくつかの竿の中から今回選んだのはシマノの超硬調の6.3Mのタイ竿を延べ竿にしたものである。
先端は中間でカットしてグラス穂先を繋いで接着してある。
長さは更に長くなって6.5Mくらいある。
硬調竿なのに先端はフニャフニャ感が有る。
3.5mで3号錘をつけた仕掛けを付けると穂先が完全に下を向いている。
今回は竿に合わせて仕掛けを作るのではなく、仕掛けに合わせて竿をチューニングするのである。

穂先5cmカット、竿元を一段畳んだ状態で持ち重り感を調べながら長さを決め、ビニールテープで固定した。 長さは5.9mくらいになった。

そんな、竿を持って釣りスタート。
西側の陸地に近い側。蟹が底に着く位の所を、南から北に向かって釣り進んだ。
先端は充分に敏感で手元には蟹を齧る感触まで伝わる。
小さいクロはタモ無しで抜き上げるがしっかりした反発力も有り問題なし。
久々の大き目が来たがしっかり浮かせるだけのパワーは有る。
何度も水面に姿を見せては突っ込みを繰り返した。
姿を見る度に「デカ!」と思いつつ、反発力が強い竿なのでハズレが多い事も頭に有り、タモ入れを急がず最後までテンションをかけた。

釣りは8時までの2時間でリリース分も入れると8匹。早朝の無風の水面をゆっくり歩きながら釣って回ったような感覚で楽しかった。

竿の評価

・穂先は軟らかめで、喰い込みが良い。
・魚をコントロールできるパワーが有る。
・持ち重り感が少なく、長時間使えそう。
・反発力が強く、掛けた後のハズレが多いと感じた。

もともと狭い杭間の中で2kgのキビレを釣る為に選んだ竿であった。
そして、この竿で目的を達成した。
オリジナルの竿は、1.5kg以上の大物が来るとここまで曲がるかと思うほど、逆U字状態になって耐える。(もちろんリールを付けた状態です。)
竿元を畳んだこの改造竿では仕掛けが切れるだろう。
でなければ竿が折れると思う。
実はこの竿の新品が1本有る。でも使う事は無いような気がする。
なぜならもう2kgのキビレを追わないから・・・。

8時以後はフジツボを取って深場を回るがアタリ一つでした。
猪鼻は全般にアタリが少なく、魚も小さい状況のようです。